2021.05.28 UPHow To トレンド

美人顔の黄金比は人中短縮がポイント!簡単美人メイク術で美人の条件をクリアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sample_img_01

テレビや雑誌、ウェブサイトなどで見かけるモデルや女優さんたちの顔に憧れて、メイクをがんばっているのに、どうしても理想の美人顔に近づけない……。やっぱりメイクだけで印象は変えられないの?

こんな風に、日々理想の顔を目指してメイクをしている、美意識の高い人は少なくありません。

そもそも「美人顔」とは、どのような顔なのか疑問に思いませんか?

そこで、今回はもっと美人になりたいと思うあなたのために、人が美しさを感じる「美人顔の条件」について説明した上で、メイクでどこを変えればもっと美人に見えるのか、美人見えメイクのポイントを紹介します!

美人顔の黄金比って?

第一印象は3秒以内で決まり、さらには最初の0.2~0.4秒で相手を魅力的かどうか、人は直感で判断すると言われています。

このようにほんの一瞬で「美しい」「魅力的」と人が感じる仕組みには、不変的美の比率「黄金比」が関係しています。

黄金比とは、建造物や絵画などの芸術作品にも多数使われているパーツごとの比率を指し、多くの人にとって「美」を感じさせる比率。そのため、多くのモデルや女優さんたちに共通する美人顔にも、黄金比が当てはまるのです!

美人顔の黄金比

一般的に言われている、美人顔の黄金比3ポイントを以下に挙げます。

①額の髪の毛の生え際からアゴ先までを3分割した時、「額の髪の毛の生え際から眉尻」「眉尻から鼻の下ライン」「鼻の下ラインからアゴ先」までが同じ長さ

②顔の横幅(一番横幅が広い部分)を5分割した時、「その1/5の長さが目幅と同じ」かつ「左右の目頭の間」「左右の目尻から顔の端まで」の長さが目幅と同じ

③鼻の下ラインからアゴ先までを3分割した時、「鼻の下ラインから唇の真ん中まで」が「唇の真ん中からアゴ先まで」の半分の長さ

さらには、左右対称でバランスが取れていることも、黄金比を完成させるポイントになります。

顔の下半分で美人印象が左右される!?

上述の黄金比は、顔全体のパーツ比率を重視しています。ですが、さらに美人顔の比率を突き詰めると、なんと「顔の下半分」のパーツの比率が顔全体の美人印象を大きく左右すると言われているのです!

つまり、先ほどの黄金比ならば
③鼻の下からアゴ先までを3分割した時、「鼻の下ラインから唇の真ん中まで」が「唇の真ん中からアゴ先まで」の半分の長さの項目が、一番美人顔を作るポイントになる、ということです。

たしかに、鼻の下から唇までの長さがあると間延びした印象になり、憧れの美人顔からは遠ざかってしまいますね。
顔の下半分が引き締まって見えると、顔の印象が大きく変わります。

美人顔の条件って?

美人顔には黄金比が大きく関係することがお分かりいただけたかと思います。
次に、黄金比をベースにプラスしたい、「美人顔の条件」を見ていきましょう。

条件1.左右対称

多くの人は、口の片側で物を噛むクセやほおづえなどの姿勢、表情グセなど長年の生活習慣によって、顔の表情筋や骨格が歪み、顔のパーツが左右対称(シンメトリー)ではありません。

ですが、一般的に美人顔とされる顔は、パーツのバランスが均等の左右対称になっており、その安定感が、見る人に美しさを感じさせています。

顔が左右対称でないと、怒っていないのに顔をしかめているように見えたり、なにか不満を抱えているように見えたりすることもあるので、パーツバランスを整えると魅力的に見えます。

条件2.白目がスッキリとした目力ある瞳

先述したように、目の大きさの黄金比は「顔の横幅を5分割した大きさ」とされています。

ですが、横幅が黄金比どおりのバランスのよい配置でも、白目が充血していたり、寝不足でショボショボしていたりしていては、目の美しさを存分にアピールできないため魅力的には映りません。

黒目がキラキラと輝き、白目がクリアで目力のある瞳で、黄金比の美しさを引き立てるようにしましょう。

条件3.透明感のある美肌

どれだけ顔のパーツが整っていても、肌の血色が悪く、毛穴やシミ・シワ、ニキビなどの肌トラブルが目立っていると、せっかくの魅力が半減することに。

肌の色に関わらず、内側から潤いとツヤがあり、キメの整った血色感のある健康的な透明美肌だと、パーツの美しさも際立ってより美人度がアップします。

条件4.人中(鼻の下)が短い

「人中(じんちゅう)」とは、鼻と上唇の間にある縦向きの溝のこと。

黄金比では、「鼻の下~唇の真ん中:唇の真ん中~アゴ先」の比率が1:2となるのが理想とされますが、さらに詳細には、この「人中」の長さが短いほど、多くの人に美人顔と認識されやすくなるのです。

この「人中が短い=美人顔」の効果は、人中の長さを短くする「人中短縮」という美容整形が存在するほど、広く認められています。

とはいえ、誰もが美人になりたいからと美容整形をするなんて無理ですよね。そこでおすすめなのが、簡単に人中を短く見せるメイク方法です!

人中を短く見せるメイク方法

ではさっそく、「ハイライト」「シェーディング」「リップライナー」を使用した、人中を短く見せるメイク方法を見ていきましょう。

①ブラシに肌色よりもワントーン暗いシェーディングパウダーを取り、鼻のすぐ下に逆三角形を描くように軽く塗ります。
※鼻の下に自然な影ができ、目の錯覚で唇との距離が縮まって見えます。

②ブラシにハイライトパウダーを取り、上唇(③で描く疑似上唇)の山のフチに乗せます。
※唇の山に光が集まって、人中がキュっと引き締まって見えます。

③リップライナーで、上唇の輪郭を実際よりも大きく描きます。
※上唇のボリュームが出て、目の錯覚で鼻との距離が縮まって見えます。

1本で人中短縮が完成!おすすめの美人顔アイテム


商品名:カバーファクトリー 人中短縮スティック 全2色
価格:各1,760円(税込)

「シェーディングパウダー」「ハイライトパウダー」「リップライナー」が、3 in 1 の1本になった人中短縮スティック。
美人顔を作るのに欠かせない人中短縮が、これ1本プラスするだけで簡単に完成します。

「鼻の下が長くてのっぺりしている」「上唇に立体感が欲しい」「口元の黄金比を作りたい」などのお悩みがあるなら、順番にサッと塗るだけで嬉しい変化が!

シェーディングパウダーとハイライトパウダーは、チップタイプなので細かい部分まで塗りやすく、テクニックいらずで自然に人中を引き締めます。(メイク効果による)

リップライナーは程よい硬さで描きやすく、すっぴん唇になじんでナチュラルに上唇の輪郭を広げて美唇に。

明るい肌色向けの「ライト」と自然な肌色向けの「ナチュラル」の2色展開なので、ご自分の肌色に合わせて使用できます。

イケメンも人中が短い!男性も人中短縮で魅力的に!

美人顔の黄金比は、実は男性にも当てはまります。つまり、「人中が短いと魅力的に見える=イケメン」とも言えるのです。

そのため、人中短縮メイク方法は男性にもおすすめです!

さりげなく鼻の下に陰影を入れて、唇との距離を短く見せてみましょう。いつもよりも人中が引き締まった顔つきになり、シャープなイケメン顔に周囲が抱く印象が変わるかもしれません。

人中短縮で美人オーラを発揮して!


美人は生まれつきと決めつけるなんてもったいない!
美人顔の黄金比と条件を押さえて、簡単に誰でもチャレンジできる人中短縮で、いつでも魅力満点な美人オーラを存分に楽しみましょう!

この記事が参考になったら
いいね!してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

人気記事トップ10

NEW

最新記事

KEYWORD

キーワード