2020.08.20 UPHow To

メンズアイライナーのおすすめを紹介!ダブルラインや涙袋の描き方も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sample_img_01

男性でも、「一重が気になる」「目力がない」など、目まわりのお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。そんな目元の印象を変えたい人におすすめなのが、アイライナーです。

「アイラインをうまく描けなさそう」「不自然に見えそう」など、男性には難しい印象があるアイライナー。しかしポイントをおさえれば、理想の目元に近づけられます。

今回は、男性でもチャレンジしやすいアイラインの描き方や、実際の商品を紹介しますので参考にしてくださいね。

メンズもアイラインでイメチェン

アイライナーとは目元用のメイクアイテムです。まつげのすき間を埋めるようにアイラインを引けば、目元がはっきりし顔全体が引き締まった印象に見えます。

また、アイライナーは使い方によってはさまざまな表現ができるアイテムです。例えば、涙袋を強調するためのラインや二重の溝を目立たせるダブルラインなどを引けば、イメージチェンジできます。

濃すぎないナチュラルなラインを意識しよう

いくらイメージチェンジに一役買うからといって、濃すぎるメンズメイクは印象がよくありません。例えば、あまりにも太く引きすぎたアイラインは不自然な印象を与え、悪目立ちしてしまう可能性があります。さらにまぶたを伏せた時に、太すぎるアイラインが見えると厚化粧と思われてしまうので注意が必要です。

まずは、ナチュラルさを意識しながらアイラインを描くのがおすすめ。特に初心者の方は、まるでメイクをしていないかのような細いアイラインを目標にチャレンジしてみましょう。

初心者でも簡単!アイライナーの使い方

まず、アイラインをうまく描くためには下準備が必要です。洗顔をしっかりおこない、余分な皮脂を落とすようにしましょう。余分な汚れをオフすることで、アイラインが崩れにくくなります。さらに、ヨレたりにじんだりすることを防いでくれるのです。

アイラインを描くコツは、一気にラインを引くより、まつげとまつげの間を埋めるようにアイライナーを引くことです。まつげの生え際がよく見えるように、鏡を下に置き、伏し目の状態でメイクをしていけばさらに描きやすいでしょう。

よりナチュラルさを演出するため、アイラインを引いたあとは綿棒などを使ってキワをぼかします。

一重の人向け!描き方のコツ

一重の場合、目を開けた時にまつげの生え際にまぶたが覆いかぶさるため、描いたアイラインがよく見えないなどの悩みがあります。ポイントとしては目を開いた状態も確認しながらアイラインを引くことです。仕上がりがイメージしやすく、理想的な目元を作り上げることができます。

さらに、メリハリをつけたラインも意識してみましょう。全体に太めのラインを引くと、目元の印象がきつくなってしまいがち。目頭は細く控えめに引いてナチュラルさを強調しつつ、黒目の上部分は少し太めにアイラインを引くと、目の錯覚で黒目が大きく見えますよ。

涙袋メイクのポイントは薄いアイライナー

目の印象を大きく変えるパーツとして、重要なのが下まぶたの膨らみである涙袋です。この涙袋は誰にでも存在するわけではありません。欧米人に比べ、顔が平面的になりがちな日本人は涙袋を持つ人が少ないといわれています。

アイメイクをさらに魅力的に見せるために、アイライナーを使って涙袋の影を作りましょう。この際に気をつけるべきなのが、ブラウンなどの薄い色のアイライナーを使用することです。ブラックなどの濃い色を選定すると、ラインが悪目立ちして不自然に見えてしまうので注意しましょう。

くっきりとした二重を強調するダブルライン

ダブルラインとは、二重の溝に引くラインです。くっきりとした目元を演出してくれ、目力アップを期待できます。一重の人でも、眼球に沿ったラインを引けば、二重のように見せることも可能です。

ダブルラインを自然に見せるには、細く描くことを意識してみましょう。失敗しないためにもペン先の細いアイライナーを使うのが吉。涙袋メイクと同様、薄い色のアイライナーを選びましょう。

自分に合うアイライナーを選ぶポイント

アイラインの描き方を紹介しましたが、気になるのは「実際どんなアイライナーを使えばいい?」ということではないでしょうか。アイラインを上手に描くためには、自分に合ったアイライナーを選ぶことが重要です。

しかし、アイライナーにはいくつか種類があり、商品の形状によっては描き心地や仕上がりが異なります。ここでは、選ぶためのポイントを紹介しますので参考にしてくださいね。

ペンシルとリキッドの違い

最初に、アイライナーの種類について解説します。アイライナーにはいくつかの種類がありますが、男性向けのアイテムとしてペンシルタイプとリキッドタイプを紹介しましょう。

ペンシルは鉛筆タイプと、繰り出しタイプがあります。どちらもふんわりと色づくので、ナチュラルな目元を演出できるのが特長です。ぼかしやすいので初心者にもおすすめです。

一方、リキッドは筆のようなペン先でくっきりとしたラインが描け、目尻のハネなど太くも細くも自由に描けます。ペンシルに比べ目力が強くなりますが、ぼかすには不向きなのでふんわりとした仕上がりにしたいときは、ペンシルタイプを使用しましょう。

落ちにくさと描きやすさにも注目

アイライナーを選ぶには、機能性も重要です。アイラインは涙や皮脂などの影響で崩れて、見た目に影響が出てしまう場合があります。せっかくキレイにラインが描けたのに、すぐ崩れてしまうとがっかりしてしまいますよね。

美しいアイラインを長時間キープするためにも、水に強いウォータープルーフ処方や皮脂に強いスマッジプルーフ処方が施されているアイライナーに注目してみましょう。

また、初心者の方は描きやすさも大切です。握りやすい形状のアイライナーを選ぶと失敗しにくいですよ。

メンズメイクにおすすめのアイライナー4選

最後におすすめのアイライナーを紹介します。先ほど解説した涙袋メイクや、ダブルラインに適しているアイライナーも選定していますので、気になる方はチェックしてくださいね。

より自然な仕上がり「スプリングハート ロングラスティングアイライナー」


商品名:スプリングハート ロングラスティングアイライナー ココアブラウン
価格:500円(税抜)

まず初心者の方にチェックしてもらいたいのが、「スプリングハート ロングラスティングアイライナー」。ペンシルタイプのアイライナーで、やわらかめの芯が特長です。力を強く入れずとも描きやすいのがうれしいところです。

カラーは、赤み寄りのココアブラウンがおすすめ。ブラックなどに比べ肌に馴染みやすく、よりナチュラルに仕上がります。ウォータープルーフとスマッジプルーフのダブル処方でにじみにくさも期待できますよ。

旬顔を作る「ドーリーウインク マイベストライナー」


商品名:ドーリーウインク マイベストライナー グレージュ
価格:1,300円(税抜)

ちょっと冒険したい人は、豊富なカラーが魅力の「ドーリーウインク マイベストライナー」がぴったり。珍しいくすみカラーで、まわりと差をつけることができるアイテムです。メンズメイクで使いやすいカラーはグレージュ。程よく抜け感のあるカラーで、旬顔を目指せます。

リキッドタイプは乾くまでにじむ心配がありますが、速乾性なので安心。5種類の保湿美容液成分も配合されているので、美容感度の高いメンズなら見逃せないアイライナーですね。

初心者向け「キワミフデ リキッドアイライナー」


商品名:キワミフデ リキッドアイライナー 墨色
価格:1,400円(税抜)

「キワミフデ リキッドアイライナー」の特長は、描きやすさを追求した持ち手です。ウェーブ形状になっているので、指先がフィットしやすくしっかり握れます。軽すぎず程よく重量感のある容器で、手ブレも防いでくれる優れものです。

リキッドアイライナーの筆先は、奈良県の伝統工芸品を代表する「奈良筆」の技法をいかして製造。しなやかでコシのある筆先だから、メンズメイク初心者でも使いやすいアイテムですね。

涙袋やダブルラインに「スプリングハート マルチブロウライナー」

商品名:スプリングハート マルチブロウライナー ミルキーブラウン
価格:500円(税抜)

最後はアイライナーではありませんが、涙袋メイクやダブルラインにも使用できるアイテムとしてアイブロウを紹介します。「スプリングハート マルチブロウライナー」はペンシルタイプのアイブロウです。パウダリー処方なので、ぼかさなくてもふんわりとした仕上がりになりますよ。

涙袋やダブルラインに使用するなら、ナチュラルな色合いのチャコールグレイやミルキーブラウンがおすすめ。どちらも優しい色合いなので、肌馴染みがよく自然なメイクを目指せます。

アイライナーで印象的な目元へ

メイクの仕方で印象が変わる目元。自分の目に自信がないという男性も、アイライナーにチャレンジしてみたら新たな発見があるかもしれませんよ。メンズメイクに興味のある人は、この記事を参考にしてぜひチャレンジしてくださいね。

この記事が参考になったら
いいね!してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

人気記事トップ10

NEW

最新記事

KEYWORD

キーワード