2016.10.12 UPHow To

ネイルアートのやり方☆②2016秋シンプルカワイイ簡単アート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sample_img_01

大好評のおうちネイル第2弾です!
サロンに行くのもいいけれど、最近はセルフネイル派も増えてきています♪
そこで、秋のファッションや気分に合う、
今シーズンのトレンドネイルをご紹介します!!
ぜひ秋の夜長にゆったりとTRYしてみてくださいね♡

1.秋のトレンドネイルの前に下準備をしっかりと!

ネイルアートを行うのは楽しいひとときですが、ちょっと待って!
せっかくのネイルアート、キレイな状態で楽しみたいですよね♪
ならば! 下準備をしっかり行いましょう! 断然モチが違います!

仕上がりを決める下準備のネイルケアと基本のネイルアートはコチラ♪
ぜひ復習してから、トレンドネイルに進んでください!

2.秋のトレンドカラーは、〝こっくり〟&〝メタリック〟!

レッドやボルドーなどのこっくり系は、今年も引き続き、トレンドカラーです。
そこに、今年はブラウン系が入ってきているのが特徴♪
ネイルのトレンドは、ファッションのトレンドと連動しているのです!
また、そのほかの注目色は、シルバーやゴールドなどのメタリック系カラー。
すべての指をメタリック系にすればモードな印象に!
10本のうち、1~2本をメタリックに、そのほかをベーシックなカラーにして合わせるとポイントになり、ワンランクアップなネイルが楽しめます♪

3.ネイルアートのトレンドは、〝チェック柄〟〝べっ甲柄〟〝アニマル柄〟の3つ!

●チェック柄

ファッションでも大流行中のチェックは、ネイルアートでも大流行の予感♪
チェック柄は、色や線の太さなどで印象がガラッと変わるので、いろいろ試してみてください♪
ここでは、シンプルなギンガムチェック柄の塗り方をご紹介します。
線の太さや間隔を変えると、バリエーションが楽しめます!

〈準備するネイルカラー〉

・ベースとなる色(ギンガムチェックの場合は白)
・チェックの模様を描く色(ピンクやブルーなどなんでも!)
・チェックの交差する部分にプラスする、同系色の濃い色(ピンクなら濃いピンク、ブルーなら濃いブルーになります)

〈塗り方〉

1.ベースになる色を、爪全体に2度塗りします。
チェックの中でもシンプルなギンガムチェックは、白のベースカラーと同系色の濃淡カラー2色、の計3色で簡単にできますよ!

まずは、ハケをボトルから出すときにボトルの口でしごき、余分な量を取り除きます。
ハケの片面のみにベースコートがついている状態にしてから塗ります。
次にベースとなる白を爪全体に2度塗りします。

sample_img_06

2.淡いライトカラーでチェックを描きます。
白のベースカラーの表面が乾いたのを確認してから、淡いライトカラーで縦横にラインを描き、チェックにしていきます。

sample_img_06

3.濃いカラーを交差している部分にプラスします。
2のチェック柄の表面が乾いたのを確認してから、濃いカラーでラインが交差している部分に置くようにしてプラスしていきます。立体感が出て、プロ並みに仕上げるポイントですよ!

sample_img_06

4.仕上げにトップコートを忘れずに!
模様がある程度乾いてきてから、最後にトップコートを塗ったら完成です。

sample_img_06

●べっ甲柄

べっ甲柄も注目度が高まってきているアートです! 70年代のファッションがリバイバルしている今秋は、レトロな雰囲気が漂うべっ甲柄はベストマッチ♪

〈準備するネイルカラー〉

・ベースとなるイエロー
・べっ甲の模様となる赤茶色
・べっ甲の模様となる茶色

〈塗り方〉

1.ベースに黄色のカラーで、爪全体に2度塗りします。
ハケをボトルから出すときにボトルの口でしごき、余分な量を取り除きます。
ハケの片面のみにベースコートがついている状態にしてから塗ります。
次に、ベースとなる黄色のカラーを爪全体に2度塗りしておきます。

sample_img_06

2.上から赤茶色のカラーをドット状に置きます。
黄色で塗った表面が乾いたのを確認したら、赤茶色のカラーをドット状に置きます。

sample_img_06

3.さらに茶色のカラーをドット状に足します。
赤茶色のドットの近くに、茶色のカラーをまたドット状に置いて、足していきます。

sample_img_06

4.筆で叩くようにしてなじませます。
ドット状に置いた2色のカラーを平筆などでそっと叩くようにしてなじませ、マーブル状になるようにぼかしていきます。

sample_img_06

5.仕上げにトップコートを忘れずに!
模様がある程度乾いてきてから、最後にトップコートを塗ったら完成です。

sample_img_06

●アニマル柄

今秋のトレンドの中でも注目度の高いのがアニマル柄です。トレンドカラーとの相性もよいので、組み合わせればダブルでトレンド感が演出できるという、まさに旬なアートなんです♪
いちばん試して欲しいのは、なんといってもヒョウ柄! 色選びによっては、ワイルドにも、柔らかい印象にも変幻自在なので、ぜひ自分に合った雰囲気の色で試してみてください♪

〈準備するネイルカラー〉

・ベースとなるカラー(ブラウン系~淡いピンク系など)
・ヒョウ柄となるカラー(黄土色など)
・ヒョウ柄を囲むカラー(茶色など)

〈塗り方〉

1.ベースとなるカラーを爪全体に2度塗りします。
ハケをボトルから出すときにボトルの口でしごき、余分な量を取り除きます。
ハケの片面のみにベースコートがついている状態にしてから塗ります。
次に、ベースとなるカラーを爪全体に2度塗りしておきます。

sample_img_06

2.細筆でヒョウ柄になるいびつな丸を描きます。
ヒョウ柄に選んだカラーを細筆にとり、できるだけいびつな円を描きます。
いびつなほどヒョウ柄っぽくなります♪

sample_img_06

3.ヒョウ柄の円を点線で縁取っていきます。
ヒョウ柄のいびつな円の表面が乾いたのを確認したら、丸を囲むようにして線を引いていきます。
全体をキレイに囲むのではなく、「く」の字を描くようにラフに囲んでいくと、キレイなヒョウ柄に見えてきます!

sample_img_06

4.仕上げにトップコートを忘れずに!
模様がある程度乾いてきてから、最後にトップコートを塗ったら完成です。

sample_img_06

sample_img_06

いろんな“カラバリ”が楽しめるので、ファッションに合わせて色変えしてみてください♪

4.ネイルアートをもっと時短で、手軽にTRYしたい人にオススメ! プロ級のアートが簡単にできるネイルアートシール★

ネイルアートをセルフで楽しむのもいいけれど、時間がなかったり、自分でキレイに仕上げる自信のない人に打ってつけなのが、ネイルアートシール♪
爪に貼るだけで、簡単にアートが楽しめちゃうスグレものなんです!
今秋のトレンドを取り入れたネイルアートシールをご紹介します。
ぜひ活用してみてください!

秋らしいブラウンのストーンやパールなどの様々なパーツを組み合わせた、フェミニンなビジューデザインです。

sample_img_06

モノトーンのビジューを取り入れつつ、キスマークのアートをワンポイントで取り入れたキッチュなデザイン。流行のチェック柄にもなっています♪

sample_img_06

5.まとめ

今年の秋のトレンドカラーや柄を取り入れて、ファッションと連動したネイルを楽しみましょう♪

この記事が参考になったら
いいね!してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

人気記事トップ10

NEW

最新記事

KEYWORD

キーワード