2021.03.17 UPHow To

まつげが上がらない原因はビューラーかも?上向きまつげのつくり方とおすすめビューラー紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sample_img_01

どこから見てもクルンときれいにカールされたまつげは、目が強調されてとっても魅力的!

そんな憧れのまつげになりたくて毎日ビューラーで頑張って上げているのに、イメージ通りのカールにならなかったり、すぐに下がってきたり……、なんてことはありませんか。

そこで、今回はビューラーを使ってもまつげがきれいに上がらない原因と対策、ビューラーを使った基本の上向きまつげの作り方を説明します。

まつげが上がらない主な原因と対策

まつげが上がらない主な原因は、大きく分けて5パターンが考えられます。さらに、それらの原因がいくつか合わさることで、どれだけビューラーを使ってもまつげにカールがつかない事態に!

では、さっそくまつげが上がらない時のよくある原因と、それぞれの改善方法を見ていきましょう。

【原因1.湿気】
雨で湿気が多い日に、ヘアセットが決まらなくて困ることはよくありますよね。実は、まつげも湿気の影響で下がってしまい、なかなかカールがつきにくくなるのです。

メイク前の洗顔や化粧水でまつげが湿っていることもあるため、気になる時はビューラーを使う前に、ドライヤーの冷風でサッとまつげを乾かしましょう。

【原因2.油分】
皮脂や汗、スキンケアアイテム(乳液、クリーム、美容液)・ファンデーションなどに含まれる油分がまつげに付いていると、まつげが下がりやすくなります。

アイメイク前にティッシュペーパーや綿棒を使って、優しくまつげの油分を拭き取ったり、フェイスパウダーで目元を軽く押さえたりしてから、ビューラーを使うようにしましょう。

【原因3.まつげの傷み】
成分がまつげに合わないマスカラを使い続けたり、ビューラーを誤った方法で使ったり、目元を頻繁にこすったりしていると、知らず知らずのうちにまつげに負担がかかり、傷んでいる可能性があります。

また、まつげが傷む原因として多いのが、クレンジング時のゴシゴシ洗い。無理にマスカラを落とそうとすると、「現在生えているまつげ」と「これから生えるまつげの根元環境」の両方にダメージが蓄積されることに!

メイクオフする時は、アイメイク(ポイントメイク)専用リムーバーを使って、まつげをはじめとした目元に負担をかけないように注意しましょう。

特にマスカラをオフする時は、まつげを上下にゴシゴシこするのは厳禁!

たっぷりのリムーバーを染みこませたコットンを10秒間目元に当てた後、下方向にそっと動かして、マスカラを拭うように落としましょう。残ったメイクは、リムーバーを染みこませた綿棒で、優しく取り除いてくださいね。

さらに、傷んだまつげを修復しつつ健康的にするために、まつげ美容液を使用した「まつ育」を習慣づけましょう。

まつげが長く成長するとビューラーで挟みやすくなるため、カールがつきやすくなるメリットもありますよ。

【原因4.ビューラー・ゴムが劣化している】
現在ご使用中のビューラーについている、挟む部分のゴムをいつ取り替えたか覚えていますか。古くて劣化したゴムのままでは、まつげが上がらなくなるだけでなく、まつげにダメージを与える原因にもなります!

ビューラーを使用した後は、毎回ゴムをティッシュペーパーでふき取って清潔に保ち、2~3か月に1回程度の間隔で新しいゴムと交換するようにしましょう。

また、ビューラー本体が古くなり、劣化している場合も、キレイにまつげを上げることができない原因になります。動かすと緩いと感じたり、カールの仕上がりが悪いと感じるなら、新しいものに買い替えるタイミングです。毎日使って約2年が交換を目安にしてください。
【原因5.ビューラーが目に合っていない】
ビューラーの形・大きさは、ご自分の目に合わせて選んでいますか?

というのも、ビューラーと一口に言っても大きさやカーブの角度などは製品によって異なるため。目の形に合っていないと、まつげをしっかりとキャッチできません。

ビューラーを選ぶ際は、「横幅の大きさは自分の目幅に合っているか」「カーブの角度・深さは、自分の眼球のカーブの角度に合っているか」をチェックするようにしましょう。

マスカラでカールキープを!

ビューラーで根元からまつげを上げているはずなのに、マスカラを塗るとカールが下がってしまう……。このような場合は、マスカラ自体を替えてみましょう。

マスカラには「ロングタイプ」や「ボリュームタイプ」など様々な種類がありますが、選ぶポイントは「カールキープ力」があるかどうか。

マスカラを塗る際は、根元から毛先まで美しいカーブを描くように、まつげの根元にマスカラを当てて数秒置いてからスッと毛先まで伸ばすようにしましょう。

上向きまつげをつくる方法

では、ぱっちり上向きまつげをつくる基本の方法を見ていきましょう。

①綿棒を使って、まつげの根元から先端に向かって、湿気や油分を軽く拭い取ります。
※眼球や目元の肌を傷つけないように気をつけましょう。

②まつげ用コームで、まつげを根元から優しくゆっくりととかします。
※眼球や目元の肌を傷つけないように気をつけましょう。

③自分の目幅・カーブにあったビューラーを使います。

1.正面を向いたままで軽くあごを上げ、ビューラーまつげの根元に当てます。この時、まぶたを挟まないように注意しましょう。
2.まつげの根元を挟んで2秒待った後、ビューラーの位置をまつげの中央に置きます。
3.まつげの中央で2秒待った後、ビューラーの位置をまつげの毛先まで滑らせるように動かし、毛先でスッと力を抜いて終了です。

④カールキープ力のあるマスカラで、まつげをコーティングすれば完成です。

※ビューラーの上手な選び方や詳しい使い方はこちらの記事でチェック!

■おすすめのビューラーはコチラ

商品名:カービングアイラッシュカーラー
価格:1,980円(税込)

日本人女性約300人の目を測定して設計した、まさに日本人女性のためのカーラー「カービングアイラッシュカーラー」。

まつげ1本1本をセパレートして、放射状に美しくカールアップ! 目をひと回り大きく見せる、販売累計110万本突破の人気商品です。

美しいまつげをつくる秘密は、目頭から目尻まで一気にまつげをキャッチする38mmのワイドサイズなフレーム! 目頭から目尻まで一気にまつげをキャッチしてくれます。計算された弓状フレームで、まぶたの丸みにぴったりフィットします。

さらに、サイドの支柱がないので、まぶたから浮かずに密着し、まつげを根元からすくい上げてしっかりとカールがつくれます。

フレームのゆがみやキズ、汚れを防止する抗菌仕様の専用ケースと替えゴム2個付きで、専用ケースには替えゴムが1個収納できるので、持ち運びにも便利です。

これまでのビューラーでまつげが上がらないとお悩みの方にこそおすすめの、職人技が光る美まつげ必須カーラーです!

■重めまぶたさんにおすすめのビューラーはコチラ

商品名:プッシュ&キャッチカーラー
価格:1,408円(税込)

まつげが根元まで見えにくい、まぶたが重めの一重・奥二重さんのお悩みにアプローチしてくれるのが、一重・奥二重用アイラッシュカーラー「プッシュ&キャッチカーラー」。

フレーム上部のでっぱり部分がまぶたを押し上げて、まぶたで隠れたまつげの根元までキャッチする点に注目です!

サイドの支柱がなく目にしっかりとフィット。重めまぶたであきらめていた一重・奥二重さんにおすすめの、まつげの根元から簡単にカールが作れるアイテムです。

■重めまぶたさんにおすすめの記事はコチラ

■おすすめのマスカラはコチラ

商品名:ドーリーウインク ロングマスカラⅢ ブラック
価格:1,518円(税込)

塗るほど長く、エクステ級のロング感! クルンとカールキープされた美しいまつげが叶う「ドーリーウインク ロングマスカラⅢ ブラック」。

ダブルのカールキープ成分配合。下がりがちなまつげも長時間上向きで過ごせます!

にじまないのにお湯で簡単に落とせて、まつげを傷めにくいのも◎。さらに、3種のトリートメント成分(ボタンエキス、パンテノール、海藻エキス)が、まつげをすこやかに保ってくれるのも嬉しいポイントです。

スリムなスクリューブラシで根元にフィットしやすく、短いまつげにまでしっかりと絡んでくれるから、ひと塗りでぱっちり上向きなロングまつげをアピールできます!

■おすすめのコームはコチラ

商品名:ブラシ&コーム
価格:440円(税込)

まつげにも眉毛にも使える万能ブラシ&コーム。マスカラのダマを取るときにも使用できます。
2WAY仕様なので、1本あると重宝しますよ! ショートハンドルで持ちやすいです。

ビューラー選びでまつげがググっと上向きに!

まつげがキレイに上がらない原因に、心当たりはありましたか? 意外と盲点なのが、まつげに残っている湿気や油分なので、まずは綿棒で拭う工程から始めてみてください。

また、ビューラーのゴムの劣化や誤った使い方は、まつげを傷める原因であるとともにまつげが上がらない原因にもなっています。

アイメイクが注目される今こそ、ご自分の目の形に合ったビューラーを使いこなして、正面から見ても横から見てもクルンと美しいまつげを一日中キープしてくださいね!

この記事が参考になったら
いいね!してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

人気記事トップ10

NEW

最新記事

KEYWORD

キーワード