2017.01.03 UPトレンド

お正月太りを撃退!一気に-5kg見え?!知っておきたい小顔メイク辞典2017♡おすすめのシェーディングからマッサージ方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sample_img_01

テレビや雑誌に出ている、かわいい女の子の共通点・・・それってたぶん、小顔であること♡でも骨格を変えることなんてできないし、顔のお肉を落とすのってとっても大変。
そこで今回は、ダイエットしなくても-5kg見え?!いつものメイクに一手間加えるだけで、顔が一回り小さく、目鼻立ちがはっきり見えちゃうテクニックをご紹介しちゃいます!
冬のイベント続きでちょっと太ってしまった…と落ち込んでいるそこのあなたも、だまされたと思ってぜひ一度、トライしてみて下さい♪

1.ベースメイク

皆さんは、ファンデーションだけでベースメイクを終わらせていませんか?ちょっとしたテクニックを加えるだけで、凹凸のあるスッキリした印象にすることができるんです。
まずはいつものファンデーションの後にプラスしたい、3つのアイテムをご紹介します。

ハイライト

●ハイライトを入れることによる効果
顔の凸の部分に入れることで、立体感を演出することができるハイライト。鼻筋をスッと見せたり、ツヤを出したり…肌のトーンアップまで演出することが可能です。
●効果的な使い方
パウダータイプであれば、柔らかなブラシにサッと取って、無駄な粉はティッシュ等の上で軽く落とすと付けすぎを防ぐことができます。
①Tゾーン&②Cゾーン&③目の下の▽ゾーン&④アゴ先に、優しくなでるように入れましょう。

sample_img_06

チーク

●チークを入れることによる効果
顔色を明るくし、健康で女性らしい印象にしてくれるチーク。入れ方やカラーを変えるだけで、キュートにもシャープにもナチュラルにも仕上がります。
●効果的な使い方
ハイライトと同様、ブラシに付いた余分な粉をティッシュなどの上で落として、自然に入れましょう。ニッと笑った時に一番高くなる部分からこめかみに向けて、だ円形をイメージして入れるとシャープな印象に。 顔の中心に濃く入れすぎると顔が大きく見えてしまうので要注意!

シェーディング

●シェーディングを入れることによる効果
凹の部分に入れるだけで、どんな輪郭でも理想の卵型に近い形に見せることができるシェーディング。小顔メイクには欠かせないアイテムなので是非マスターしてくださいね。
●効果的な使い方
輪郭によって入れ方が少し変わりますが、基本は①髪の生え際・②エラの部分~チークの下に入れると小顔効果抜群!面長さんは③アゴ下にも入れると◎。④目頭~眉頭のくぼみに薄く入れるだけで、彫りの深い外国人風メイクにすることもできます。

sample_img_06

2.アイメイク

ベースメイクでしっかりと凹凸をつけても、部分メイクの主役とも呼べるアイメイクがなくては小顔効果が大幅ダウン!印象的なぱっちり目に仕上げると、顔の印象が目元に集まるので、お肉をカモフラージュできちゃうんです♪

アイライナー・アイシャドウ

カッコイイ系・かわいい系・ナチュラル系…アイラインとアイシャドウの組み合わせで、メイク全体の印象をガラっと変えることができます。

●効果的な使い方
アイラインとアイシャドウで小顔効果を狙うなら、特に気を付けたいのが目尻!
いつもよりも「横長」を意識してアイメイクを仕上げましょう。
目尻に定番のブラウンや暗めのシャドウをぼかして横幅を作り、更にアイライナーを引いて長さを強調。アイラインは上にはね上げるよりも、水平を意識して自然に流すように少し長めに描くとナチュラルに仕上がります。

つけまつげ

小顔メイクの救世主、つけまつげ!
まつげの長さやボリュームを出すのにマスカラを使うのも良いですが、ダマになったり束になったり…どうしても限界がありますよね。くり返すようですが、小顔に見せるためには印象的なぱっちり目に仕上げるのがポイント。
つけまつげという便利なアイテムは、目力はぐんとアップするし、種類も豊富にあるのでどんなメイクとも相性◎!360度アイメイクが可能だから、顔立ちに簡単に立体感が出せます。

●効果的な使い方
目の縦長+横長を特に意識してつけまつげを付けましょう。つけまつげを目尻からあえて2~3mmはみ出すように付けると、横長効果を出すことができ、印象的なぱっちり目と小顔効果を同時に実現できます。

●つけまつげの選び方
・ナチュラル派のアナタ…「少し物足りないかな?」と思うくらいの毛量で、束になっていないものが◎。

◎おすすめのアイテムはこちら

sample_img_06

・優しい印象にしたいアナタ…目尻にボリュームがあるタイプを下げ気味につけて。

◎おすすめのアイテムはこちら

sample_img_06

・ぱっちり目にしたいアナタ…束感や長さにアクセントのあるものがおすすめ。

◎おすすめのアイテムはこちら

sample_img_06

・ドーリーアイにしたいアナタ…下まつげ用のつけまつげもお忘れなく♡

◎おすすめのアイテムはこちら

sample_img_06

●ワンポイントアドバイス
つけまつげ初心者さんの中には、上手く付けられない…と諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。これまで指を使っていた人は、一度先が平らになっているピンセットを使ってみてください。つけまつげを掴みやすく、細かく動かしやすいので、つけまつげを付け慣れていない人にもおすすめです。

◎おすすめのアイテムはこちら

sample_img_06

*それでもうまくできないという方に!さらに詳しいつけまつげの付け方はコチラ

●一重さんはぱっちりふたえにしてさらに目力アップ!
一重さんもぱっちり印象的な目元に仕上げることはもちろん可能。
アイシャドウやアイライナーだけでも印象的な目元をになれますが…やっぱりくりくりとしたぱっちり目に仕上げたいですよね。
まずはふたえまぶた化粧品を使ってくっきりふたえを作り、アイシャドウとアイラインで華やかさをプラス。つけまつげも付けると、さらに目力アップ!!
ふたえまぶた化粧品は液体タイプからテープタイプ、ウォータープルーフタイプもあるので用途に合わせて使い分けてみてくださいね♪

*ふたえまぶた化粧品を基本から!初心者さんにもおすすめの使い方はコチラ

3.アイブロウ

小顔効果はもちろん、顔全体の印象まで変えてくれるアイブロウ。特に最近流行の太眉は顔の面積を小さく見せてくれますが、眉頭から眉尻まで同じ濃さで描いてしまうと不自然に浮いてしまうのでご注意を!

●効果的な使い方
いつもよりも少し眉間の幅を広げてしっかりとぼかすこと!そして眉尻にかけて濃くなるように描いていき、必ず眉尻は目尻(つけまつげ)よりも長く仕上げましょう。眉頭はパウダーで、眉の中心~眉尻はペンシルで徐々に濃くなるように描くと自然に仕上がり、小顔効果も抜群です♪

sample_img_06

4.リップ

アイメイクを引き立てて小顔効果を高めてくれる、縁の下の力持ち、リップ。赤の単色や濃いピンクを使ったメイクは個性的で素敵ですが、塗り方を間違えると唇だけが浮いて頬の面積が広く見えてしまうことも。

●効果的な使い方
リップペンシルで自分の元の唇の形よりも1~2mmオーバーにリップラインを描き、しっかりとぼかした上から淡い色のリップやグロスを塗りましょう。唇をぷっくりと大きくナチュラルに見せることで、顔全体が小さく見えます。

5.髪型

メイクだけでもかなり変わりますが、さらなる小顔効果を引き出すのに重要なのがヘアスタイル。どんな長さの髪の人でも、前髪は作った方がベター。深めにとった目にかかる長さの前髪を、サイドの髪に繋がるようにカット、毛先をふんわりとカールさせて自然にサイドに流すと◎。
全体的にふわふわとした軽いカールやレイヤーを入れると、自然な陰影が生まれ顔の大きさや輪郭までカバーできちゃいます。

6.その他

ヘア&メイク以外にも、取り入れたいテクはたくさん!イチオシの小物使いや簡単マッサージ方法を紹介します♪

メガネ

アイメイクを引き立てたり、すっぴん隠しにも大活躍のメガネは小顔効果を発揮してくれるマストアイテム♡デザインを一歩間違えると逆効果になってしまうのでご注意を!
メガネで小顔効果を狙うのであれば、顔の輪郭と同じ幅でフレームが太い物を選びましょう。またレンズの大きさは、できるだけ大きい方が顔のサイズをカモフラージュしてくれます。流行の大きな黒縁メガネは、最高の小顔効果を演出してくれますよ♪

ファッション

まだまだ寒い冬は続くしタートルネックが手放せない…。でも首元の詰まった服を着ていると、どうしても顔の大きさが目立ってしまいがち。できればデコルテがスッキリしているファッションを選びたいですが、寒さを我慢するのは本当に辛いですよね。
そんな時は、アウターの中にデコルテがスッキリしている服を選び、外出するときは大判のストールをざっくり首元に巻くと◎!
おしゃれさん&小顔に見えるのに寒くないという、最強のコーディネートの完成です♪

簡単マッサージ

朝起きて鏡を見たら…むくんで顔がパンパン!そんな悲しいことになっていませんか?予想外のそのむくみ、実は朝のスキンケア+たった5分で、スッキリさせることができるかもしれません!自宅で毎日簡単にできるマッサージをご紹介するので、是非試してみてください♪

5分で出来る!顔のむくみ撃退マッサージ

1. 洗顔をして肌を清潔にし、いつもと同じスキンケアをします。最後の乳液やクリームだけ少し多めに塗って、マッサージしやすくしておきましょう。

2.「こめかみ→耳の後ろ→耳たぶの裏のくぼみ」を、人差し指と中指を滑らせるように2~3回マッサージします。(髪を耳に引っ掛けるイメージ)

3. 両手の人差し指と中指の腹を使って、左右それぞれ「眉頭→こめかみ、目頭(まぶた)→こめかみ、目頭の下→こめかみ、小鼻横→こめかみに、アゴ先→こめかみ」の順に、2~3回ずつ滑らせるようにマッサージします。あまり力を入れすぎると肌に負担がかかってしまうので、気持ちいいと感じる程度の力でOK!

4. 仕上げに、こめかみに集めたむくみを体に流すイメージで、「こめかみ→耳の後ろ→耳たぶの裏のくぼみ→首筋→鎖骨の中心→鎖骨下→肩」の順に、3本の指(人差し指・中指・薬指)で数回撫でるようにマッサージします。

5. たったこれだけで顔のむくみがスッキリ♪血行も良くなるので、お肌がポカポカして気持ちいい!

7.毎日の習慣にして、目指すは「いつでも小顔」♡

いかがだったでしょうか。ちょっと太ってしまった!という緊急時はもちろん、普段から痩せ見えテクをうまく取り入れて毎日のルーティンにしちゃうのも手♪冬太りを華麗にスルーして、気分よく新年をスタートさせちゃいましょう。

  

この記事が参考になったら
いいね!してね

コージーのコラムは毎週更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

人気記事トップ10

NEW

最新記事

KEYWORD

キーワード